chiiblog78のブログ

日常の生活の中で起こった出来事や、感じた事をブログにしていきます💕

なぜ、こんな所に?

今週のお題「激レア体験」

 

昨日の夕方、いつものように部屋のカーテンを閉めていました。

 

レースカーテン越しに、夕日が沈みかけ、薄暗くなっていました。

 

いつもならば、サッと閉めて終わるのですが、

昨日はサッと閉めて違和感。

閉めたカーテンをもう一度開ける。

 

一瞬『思考停止』・・・

次に『思考クエスチョン』???

更に『悲鳴あげる一歩手前』

 

網戸に何か、とまっている‼️‼️

一瞬『カブトムシ?』

でも、まだ4月末。いる訳がない。

カブトムシにしては、大きい。

 

もう一度、勇気を出して見てみる。

少し動いてる。

『?コウモリ?』🦇

 

f:id:chiiblog78:20200426091835j:image

 

日本に生息している『アブラコウモリ』。

まだ住み始めて3ヶ月の家で貴重な初体験。

こんな間近でコウモリを見たことがない。

でも不気味。

窓をコンコンしても逃げない。

 

『どうする???』

『このままにして置くといなくなる?』

『でもフンとか菌がついたら嫌だよね』

と10分位、子供と話していました。

夫が仕事で外出中だったので頼れる人がいなくて・・・

困っていました。

 

息子がコウモリについて調べ始めると・・・

日本に生息しているコウモリのほとんどが

『アブラコウモリ』と判明。 

割と小柄で黒っぽい。

 

コウモリは、害虫をエサとして食べるので、農作物に被害を与える害虫を食べてくれる、農作物を守ってくれている益虫として、鳥獣保護管理法では、傷つけたり殺したり、ペットとして捕まえることは禁止されています。

 

 コウモリは、群れでいるのだと思っていましたが、たった一羽だけで、とまっている。

コウモリのオスは、一羽で単独行動する。

コウモリのメスは、群れで行動する。

きっと、このコウモリはオスなのかな?

 

アブラコウモリは、視力が弱くほとんど目が見えない🦇

でもあんなに早いスピードで空を飛ぶ。

視力が弱いのに、なぜ衝突したりしないの?

 

アブラコウモリは、聴力がとても優れているので、目の代わりに耳で周りの音・距離を感じられるのです。

コウモリの種類によって異なるのですが、

耳で超音波を発したり、口で超音波を発したりします。発した超音波が、反射物から帰ってくるまでの時間で対象物までの距離を測ります。

周りの角度や、動体物のと距離感までわかるのです。

 

だから、暗闇で飛び回っていてもぶつからずに自由に羽ばたいていられるのでした。

 

コウモリは、冬の間は冬眠します。

春から秋にかけては、活発に行動します。

でも1日の活動時間は、意外に短いのです。

夕暮れ時に、不気味に空を飛ぶのをよく見かけますが、日没頃になると棲家から出てエサを探しに活動します。エサを食べ満足すると休憩し、また餌を食べの繰り返し。

でも約2時間位羽ばたいて活動し、また棲家に戻るのです。この約2時間位で、300匹近くもの昆虫をたべるのですから、驚きです。

 

夜に活動する、夜行性のコウモリ🦇

虫を餌とする鳥類が多く争いを避ける為、夜行性になったという説があるようです。

とっても臆病なのですね。

 

そんな臆病なコウモリをさてどうする?

そうしているうちに夫が帰宅。

興奮して皆で話をする。

結果、窓を少し開け網戸を軽く『トンッ』とすると

コウモリは、また暗闇の中へ旅立って行ったのでした。

 

こんな間近でコウモリを観察したのは初めて‼️

家には棲家がないようなので、きっと餌を食べながら休憩しにきたのかもしれません。

 

でも無事に去ってくれてホッと一安心。